カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
1.高台(テーブルやランチョンマットとお皿が接する部分)を確認


小さな突起がないか、ザラザラしてテーブルを傷つけてしまわないか指で触って確認しましょう。気になる部分は、サンドペーパーなどで滑らかになるよう少し削りましょう。お皿の高台同士をこすり合わせてもいいです。

2.目止め、水につける、洗う

陶器

陶器は表面に無数の小さな穴があります。そのまま使うと、料理の水分、油分が染み込んでしまうことがあります。使用前に目止めをすることで汚れやにおいがつきにくくなります。
1.うつわの入る大きさの鍋とうつわ全体が浸る量の米のとぎ汁を用意します。
2.米のとぎ汁を沸騰させ火を止めます。うつわを入れてとぎ汁に浸します。鍋全体が手で触れられる温度になったらお皿を取り出します。
3.器をよく洗い、十分乾燥させてからお使いください。

目止めができない場合は、うつわを半日ほど水に浸け置きしてください。 水に浸けて穴を詰めておくことで、後々の染み込みやにおい移りを軽減できます。


磁器
少量の洗剤をスポンジにつけて、うつわの表面を洗ってください。埃や汚れを落としてから使うことをお勧めします

3.陶器は料理を盛り付ける前は毎回水にくぐらせる。
陶器は使用前に、毎回水に浸してから料理を盛り付けることでうつわへの染み込み、におい移りを防げるといわれいています。