1. 高台(こうだい)を確認


買ったばかりのお皿は高台がざらついていることがあります。テーブルや食器棚に傷をつけてしまうことも。出荷前にざらつきを削ってくれるお店も多いですが、必ず自分で確認しましょう。ざらつきが気になる場合はサンドペーパーでこする、うつわの高台同士を擦り合わせてなめらかにしましょう。一度に削りすぎず、少しずつ進めましょう。
 

2. よごれを落とす

買ったばかりの器の表面には細かい埃など、汚れが付着しています。中性洗剤をスポンジで優しく洗い流しましょう。磁器の場合は乾かしたあとすぐに使えます。
 

3.陶器には目止め

陶器の表面にはポツポツと無数の小さな穴が空いています。買ったばかりのお皿は、小さな穴に料理の染みや匂いが移り汚れやすい状態です。この穴を埋め器の汚れを防ぐ目的で行われる操作が目止めです。

お鍋に器が浸かる量のコメのとぎ汁を入れ、30分ほど火にかけます。とぎ汁が手で触れられる温度まで冷めたら、うつわを取り出します。風通しの良い場所で半日以上おき、乾燥させましょう。コメのでんぷん質が表面の穴を覆うことで汚れを防ぎ、衝撃にも強くなります。米のとぎ汁で目止めができない場合は半日ほど水につけてから使いましょう。

最後に、陶器や焼締の器は盛り付けの前は30分〜1時間ほど水につけるといいです。器に含んだ水がコーティングの役目を果たし、汚れや匂い移りを防いでくれます。焼締の場合は器に艶が出て料理の見栄えが良くなります。

Top